メイン画像

今こそ、資産運用を始めるとき

個人で資産運用を始めることはそれほど難しいことではありません。
例えば、不動産を持っていれば不動産を業務委託によって宅地建物取引業を扱う業者に対して預けておくことによって、賃貸借契約で利益を出すことが出来るようになります。不動産の取引のように資産運用に関して特別な資格が必要だったとしても、その資格を持っている人に委託をすれば個人であっても簡単に利益を出すことが出来るようになるのです。

個人が資産運用を行う際に知っておかなくてはいけないのは、お金を単純に持っているだけでは絶対に大きくならないということです。銀行の預金口座にお金を預けていたとしても、そこから生まれる利益は何もありません。金融商品として定期預金を利用したとしても、国内で得ることが出来る金利のパーセンテージはわずか1%程度に過ぎないという事実があります。お金はそれを運用しない限り増えることがないというのは、絶対に知っておかなくてはいけない事実なのです。

家で眠っている品も買取れる可能性が

では、具体的にどのようなことをすれば最も効率よく資産運用を行うことが出来るのでしょうか。個人が最も簡単に資産運用を行う方法が一つあります。それは、外貨を利用することです。国内通貨を銀行に預けたとしてもそこから生まれる利益はそれほど大きなものになりませんが、外貨を利用した場合にはこの利益が大幅に増加することが多いため、運用方法を間違えなければ必ず大きな利益となって手元に返ってくることになります。

国内通貨と外貨に関しては、為替相場という特別なレートが存在します。同じ資産であってもそれを所持している通貨の価値によって、資産の価値そのものが異なるようになっているのです。円の価値が高いときに円を持っていればそれだけ資産価値は向上することになりますが、円の価値が安くなっているときに円を持っていたとしても円の資産価値は小さくなってしまうばかりです。

【ベンチャーサポート税理士法人】にご依頼を

このようなことを回避するためには、単純に持っている円という通貨を外貨に換えれば良いだけなのです。円の価値が低くなっているときは、相対的に外貨の価値が高くなっていることを意味するため、円の先行きが悪くなるとわかったときに通貨の交換を行うだけで個人であっても数億円という資産運用を手軽に実行することが出来るようになります。

このように、個人で資産運用を行うときにはまず手軽に参加できる通貨の交換が最も理に適っているのです。価値の増減だけではなく、外貨にも高い金利が設定されることがあるため、まさしく一石二鳥の運用を行うことができます。