メイン画像

ハイリスク・ハイリターンとは限らない

大きな利益を手にするにはハイリスクを冒さなければ、ハイリターンは見込めないと考えている人も多いことでしょうが、必ずしも利益が大きいものがハイリスクだとは限りません。 またその逆に危険を冒したからといって、大きな利益を手にすることができるとも限らないのが資産運用の難しいところであり、そこを見極める必要があるのです。 大きな利益を取る為に、ハイリスクな方法に手を出すというのは勝った時の釣り合いが取れていますから一概に悪いものとは言えません。 しかし、大きな危険を冒したにもかかわらずその見返りが少ないとなると、負けた時のことを考えた場合、そのような運用方法はたまたま損をしなくて済んだというものになってしまいます、 そこで、資産運用をする時に大事なことはリスクとリターンを常に秤にかけてリターンが上回る時にだけ手を出すということが重要であり、また滅多にないリスクが少なく見返りが大きな場面を逃さずに上手に立ち回ることが資産運用をする上で大切なことになるのです。