メイン画像

資産を増やす行動を

老後を迎える時、年金だけでは十分な生活資金を確保することが出来ません。それで資産を増やして、老後に増やした資産を取り崩して生活費を確保する必要が有ります。それで資産を増やすには資産を増やす行動を始めなければなりません。その為にはまず老後の生活費を確保する為の資金作りから始める必要が有ります。 まず資産の元である資金は、毎月の給与所得の一部を積み立てて運用することから始めることです。それで資金作りの為に生活をいろいろ見直したりして、毎月の積み立て用の資金を作る行動を行わなければならないです。給与所得が増えれば生活を切り詰めなくても資金は確保できますが、簡単に増やせないからどうしても生活費の切り詰めをしなければならないです。 この時副業とかをして収入が増えればよいのですけど、副業とかの収入を得る手段が無い人は、生活費の切り詰めをするしかないです。生活費の切り詰めとかで資金が出来た人は、次にどれに投資をして資産を増やすかを考えなければならないです。投資にもいろいろ有って、大きく増やせるものはリスクが有って、逆に増えるどころか損をして貴重な資金を失う場合が有ります。 それで投資をする時は、まずどのような物に投資をするかを調べて、それに投資をして本当に大丈夫かを調べなければならないです。そして調べて大丈夫なら毎月の給与所得から捻出した資金をそれに投資します。この行為を毎年老後まで継続して老後になった時、増えた資産を毎月生活に必要な額を取り崩して生活費に充てれば老後は楽になります。 老後は年金だけで生活出来ればそれでよいのですが、貰える年金が不十分の人は不足する生活費を確保する為に今からでも資産を増やす行動をするべきです。増やそうにも資金が不十分だからとあきらめないで、生活費を切り詰めて捻出をして、足りない分は投資で増やして、老後の生活費を確保することです。誰も助けてくれませんからすべて自分で行動して確保することです。

いきなりの行動よりも勉強から

資産運用にトライする際には行動を起こす事も大切ですが、それ以上に重要となるのが勉強をきちんと行う事です。資産運用にトライさ・・・Continuation